羽田慎之介投手(八王子)東練馬シニア時代は全国準優勝!ドラフト指名は?

ドラフト情報

今年もドラフト会議が近づいて参りましたが、2021年は高校生投手が豊作のような気がします。

甲子園に出場したプロ注目の投手や甲子園に出場できなかった投手もいますが、今回ご紹介したいのが八王子高校野球部の羽田慎之介投手です。

高校3年生の時に最速149キロを計測した左腕である。

 

羽田慎之介投手はどんな投手なのか、中学時代や高校時代について色々調べてみましたので、是非ご覧ください!

スポンサードリンク


 

羽田慎之介投手のプロフィール

 

 

名前:羽田慎之介 (はだ しんのすけ)

生年月日:2003年生まれ

出身地:埼玉県

身長:191㎝

体重:87㎏

投打:左投げ左打ち

出身中学校:所沢市立山口中学校

出身高校:八王子学園八王子高等学校

所属:東練馬シニア

 

羽田慎之介の中学時代について

 

それでは八王子高校のエースである羽田慎之介投手の中学校時代について書いていきたいと思います。

中学校時代は東練馬シニアでプレーしていた羽田慎之介投手、全国大会のジャイアンツカップに出場し、準優勝した経験がある。

 

ジャイアンツカップ決勝戦の動画も拝見したかったので、調べてみましたが現在のところ見つけることができておりません。

今後何か情報があれば、このブログに追記していきたいと思います。

 

そんな羽田慎之介投手ですが、恐らく全国の強豪校からもオファーがあったと思います。

八王子高校を選んだ理由は分かりませんが、恐らく2016年の夏に甲子園出場した実績のある高校ですから、進学先に選んだのかも知れません。

 

後から分かりましたが、八王子高校を選んだ理由は、『チームの雰囲気が良いと聞いていたから』『自分が成長できると思ったから』このような理由をインタビューで語っておりました。

 

羽田慎之介投手の高校時代について

 

 

中学を卒業した羽田慎之介投手ですが、八王子高校へ進学しました。

高校入学時はストレートの球速は130キロぐらいだったようですが、高校2年になると144キロのストレートを投げるようになった。

 

高校2年生の秋にはエースナンバーを付け登板し、都大会ベスト8まで進出し、自身のストレートも最速149キロまで到達した。

 

高校3年生の夏は肘の故障もあって、1度もマウンドには登っておらず、最後の夏は1球も投げずに、5回敗退という結果となった。

この試合に勝てば、次の試合から登板予定だったようですが、ここまで投げなかったのは、羽田慎之介投手の将来の為だと、八王子高校野球部の監督が語っている。

 

エースナンバーを付けて、最後の夏の大会に一度も登板しなかったのは、本人も非常に悔いの残る高校生活だっただろう。

監督の指示だったようですが、投げたいのに我慢した羽田慎之介投手も素晴らしいと思うが、羽田慎之介投手の将来を考えて、投げさせなかった監督はもっと素晴らしいと思う。

 

賛否両論あると思いますが、まだ上のステージで活躍でき、将来性もある投手ですので、数年後にあの時無理して投げていなかったことが吉となると良いと思います。

 

羽田慎之介投手のドラフト指名はあるのか?

 

プロ志望届を提出した羽田慎之介投手ですが、2021年のドラフト会議での指名はあるのかどうか。

身長191㎝という長身であり、最速149キロの左腕ですから、将来性も含めてドラフト指名はあると思います。

 

ただ、上位指名には届かないかも知れませんが、3位くらいで指名されると思われます。

プロ入り後は155キロとかぐらいまで急速が伸びていくのだろうか。

まだまだ伸びしろのある投手だと思いますので、プロ入り後も楽しみな投手の一人です。

 

2021年のドラフト会議は10月11日に行われます。

今年は高校生投手が豊作で、かなり注目の投手が多いです。

そんな中でもサウスポーである羽田慎之介投手には注目が集まるのではないでしょうか?

 

プロになるのも厳しい世界ですが、プロになってからはもっと厳しい争いがある。

ドラフト1位で指名された選手でも、姿をひっそりと消していく世界ですから、本当にプロで活躍できるのは一握りである。

 

羽田慎之介投手がプロで活躍できるかは、本当にやってみないと分からないが、しっかりと体を作って、怪我のないように頑張って欲しいと思います。

 

プロのスカウトも羽田慎之介投手については、かなり注目している球団も多いみたいですので、複数球団がリストアップしているようです。

地元である埼玉西武ライオンズの入団となれば嬉しいところですね!

 

羽田慎之介投手のまとめ

 

本日は八王子高校野球部のエースである、羽田慎之介投手について記事を更新しました。

中学時代には全国大会で準優勝という好成績を残し、高校時代は怪我もあって満足のいく成績では無かった羽田慎之介投手。

 

2021年のドラフト会議では3位以内で指名される可能性もある投手ですので、ドラフト会議当日には注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク