後藤丈海(八戸学院光星)出身中学やシニアは?球種や投球動画を調査!

高校野球

 

青森・八戸学院光星野球部のエース、後藤丈海投手について本日は記事を更新したいと思います。2019年選抜高校野球大会に出場しますが、どんなピッチャーなのか?球種や球速と動画なども交えてご紹介していきたいと思っております。そして出身中学やシニアなど中学時代の後藤丈海投手についても書いて行きます。





スポンサードリンク


 

後藤丈海投手のプロフィール

 

 

名前:後藤丈海 (ごとう たけみ)

生年月日:2001年7月3日生まれ

出身地:大阪府

身長:170cm

体重:71㎏

投打:右投げ右打ち

出身中学:大阪市立城陽中学校

出身シニア:大阪城東シニア

スポンサードリンク


 

後藤丈海投手の中学校時代

 

八戸学院光星高校野球部と言えば、私の中で野球留学している選手が多い印象を受けるのだが、実際に2019年の選抜高校野球に出場するベンチ入りメンバーを見てみると県外出身者がづらりと並んでいる。

後藤丈海投手も大阪の出身で関西出身の選手も結構多い。

 

では後藤丈海投手の中学時代はどんな選手だったのか?少し気になったので調べて見たいと思います。

プロフィール欄にも書きましたが、後藤丈海投手は大阪の出身で中学時代は大阪城東シニアでプレーしておりました。

大阪から青森へ野球留学している後藤丈海投手ですが、やはり大阪で甲子園に出場するとなると、大阪桐蔭や履正社が現在のところ強いので、その学校でレギュラーにならないと甲子園へ出場するのは難しい。

そうなると、野球留学という選択になってくる。

野球留学にも賛否両論ありますが、私は野球留学に賛成意見ですね。

 

しかし、大阪から青森ですからご両親も色々大変だと思います。

仕送りなど、公式戦なども恐らく大阪から応援しに行くのも交通費がかかりますからね。

どちらにしろ、色々大変なのは間違い無いですね。

スポンサードリンク


 

後藤丈海投手の球種や動画をチェック

 

 

八戸学院光星は2018年の明治神宮大会では準々決勝で高松商業高校に敗れた。

高松商業戦では先発のマウンドでは無かったが、2回途中から出場し『被安打8、奪三振9、四死球3、自責点3』という内容であった。

納得のいく投球では無かったとは思います。

明治神宮大会での敗戦を2019年選抜高校野球大会でどのように修正してくるのか、この辺りにも注目して見たいと思います。

 

後藤丈海投手の球速は130キロ台とそんなに早くは無いですが、変化球を交えて投げる投球でスライダーの切れは良い。

 

上手くハマれば、打者も打ちづらい投手だと思います。

しかし、そこまで大きく崩れる投手では無いと思うので、一冬越えてどのような投手になっているのか非常に楽しみな投手ですね。

ストレートも140キロ台になれば、楽しみな選手になりそうです。

 

恐らく2019年の選抜高校野球大会では先発が予想されますが、昨夏の青森県大会では背番号1番を貰ったが、甲子園ではなんとベンチ外となった苦い経験がある。

この屈辱をバネに練習に励んできた投手なので、メンタル面も相当強い物があると思います。

どん底から這い上がって来た投手が甲子園でどんなピッチングを見せてくれるのか楽しみにしております。

こちらは八戸学院光星の関連記事

スポンサードリンク


 

後藤丈海投手のまとめ

 

八戸学院光星のエースである後藤丈海投手について記事を更新しましたが、持ち前の変化球で打者を翻弄する投球ができれば、凡打の山を築く事ができると予想しております。

秋の公式戦でも防御率1.70と非常に安定しておりますので、甲子園でのピッチングでも大きく崩れる事は無いと思っております。

後藤丈海投手のリズムの良い投球で、チームの打線も波に乗って上位進出もあると思っております。

甲子園での活躍を期待しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク