直撃LIVEグッディ!熱中症動画は?8月19日放送で安藤優子に批判も!

芸能

8月19日にフジテレビで放送された『直撃LIVEグッディ!』の生放送中にリポーターが熱中症とみられる症状となった。

リポーターはリポートを続けられなくなり、安藤優子キャスターが笑いながら中継を続けさせようとする場面があり、批判を受けている。

放送されたリポーターの当時の映像を見てみたいと思います。





スポンサードリンク


 

直撃LIVEグッディ!のレポーター熱中症動画

 

リポートは午後2時すぎ、炎天下の京都・渡月橋の様子を伝えるものだった。女性ディレクターは、手元の温度計が40・1度であることを示し「かなり暑くてフラフラしてきました」。事前に取材していた街の人の「ペットボトルを凍らせる」「キュウリを持ち歩く」などの暑さ対策を紹介していたが、「あと何だったっけかな…。暑くてボーッとしています」と思考が飛び、キョロキョロと視点が定まらないまま「(スタジオに)お返ししておきますね」と、リポートを中断しようとした。

 

当時の状況は上記のように非常に暑い状況で、長時間炎天下にいると熱中症になってもおかしくない状況だったと思います。

40度を超えている状況ですし、アスファルトからも熱が凄かったと思われます。

 

レポーターも呂律が回っていない感じに受けましたし、同じ事を何度も繰り返していましたので、やはり危ない状況だったと思われます。

 

この状況で安藤優子キャスターはレポーターの状況を理解していないようで、空気を全く読んでいない感じでした。

明らかに様子がおかしいレポーターに対して、中継を継続させようとしたが、高橋克実さんが『休憩した方がいい』と割って入り、中継はストップした。

 

その動画はこちら↓

 

この放送を見た視聴者からは、安藤優子キャスターに批判の声があがっている。

確かに、放送を見ていると、不謹慎というか、笑って対応する場面ではなかったと思いますし、もう少し思いやりのある対応ができたのではないかと思いましたね。

 

高橋克実さんや他の出演者が割って入って、中継を終了させたのは良かったと思いますし、あのまま中継を続けていたら、もしかしたら熱中症で倒れていたかも知れません。

あの状況で笑えないですよ普通は。

スポンサードリンク


 

安藤優子キャスターに批判の声!

 

今回の放送の件で、安藤裕子キャスターに批判の声が続出している。

あの状況での対応は流石に批判されてもおかしくないと思いますね。

Twitter等でも皆さんかなり安藤優子キャスターについて批判しています。

 

 

まだまだ沢山のコメントがあるのですが、多すぎて掲載しきれません。

かなり安藤優子キャスターの対応に批判が集まっているようです。

 

熱中症になりかけた女性リポーターは、あの後どうなったのでしょうか?

大丈夫だったのかな?

スポンサードリンク


 

豊田綾子ディレクターは大丈夫なのか?

 

 

熱中症の症状になった女性リポーターですが、その後はどうなったのか?

気になりますが、女性リポーターは豊田綾子ディレクターと言うそうです。

 

リポート終了間際には車に入って!とスタジオからの呼びかけもあったので、恐らく車に入って休憩していると思われます。

ですがその後の状況は全く分かっていませんので、豊田綾子さんが回復したのかどうかが心配ですね。

 

あれから大きく取り上げられていない所を見ると、恐らく大丈夫だったのかな?

無理せず仕事復帰して欲しいですね。

スポンサードリンク


安藤優子キャスターのまとめ

 

本日は安藤優子キャスターの対応について記事を更新しましたが、今後もこのような炎天下は続きますので、リポーターも熱中症になる確率は高くなると思います。

40度を超える箇所でのリポートは中止するなどの対応が必要になってくるのではないでしょうか?

 

レポーターだけではなく、カメラマンも同じ環境で仕事をしていますので、やはりこういった中継は辞めてもいいのでは?

もう暑いのは誰でも分かっている事なので、あえてテレビで伝えなくても良いと思いますね。

 

今後も何かと安藤優子キャスターは言われてしまうかも知れませんね。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク