GACKTの都市開発を始めた経緯は?手がけたビジネスの全種類を調査!

芸能

GACKTさんと言えば、謎に包まれた部分が多い方でありますが、現在マレーシアのクアラルンプールに移住しており、自宅も豪邸でかなりデカイ敷地に住んでおります。GACKTさんがマレーシアで都市開発を手掛けているとテレビ番組で放送されておりましたが、都市開発と言えば土地や不動産関係と想像しますが、どんな事業をしているのか?GACKTさんについて本日は調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

GACKTのプロフィール

 

 

名前:GACKT 

本名:大城ガクト

生年月日:1973年7月4日生まれ

出身地:沖縄県出身

身長:180cm

体重:不明

血液型:A型

出身高校:滋賀県立守山高等学校

出身大学:京都先端科学大学

スポンサードリンク


 

GACKTが都市開発を始めた経緯とは

 

冒頭にもかきましたが、GACKTさんはマレーシアに移住しており、都市開発のビジネスをしているようです。

どんな都市開発は2019年5月2日に放送される『直撃!シンソウ坂上SP』で公開されるらしいので、要チェックですね!

私も放送を見たいと思います。

チョット楽しみです!

 

 

そしてGACKTさんは池田論さんとマレーシアで共同事業をしており、会社も設立しております。

下記が社名でありますね。

GACKT&IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz INC.

 

主に投資事業ということですが、GACKTさんも色々なジャンルで活躍しており、どの仕事がメインなのか全く分からないですね。

 

そもそも、GACKTさんが池田論さんと出会った経緯とは、2012年にGACKTさんがマレーシアに移住してきた頃に池田論さんが不動産を紹介したり、新生活の準備を手伝ったことが始まりだとか。

 

元々、池田論さんはマレーシアで事業展開しており、2010年に『アジアプロミネントキャピタルネットワーク』という個人向けの不動産投資コンサルティングを行う会社を立ち上げているそうです。

 

GACKTさんが池田論さんと出会ったのがきっかけで、マレーシアでの都市開発事業に参入したのではないでしょうか?

人との繋がりって、色々な所にあるんですねー。

人脈ってやっぱり無いよりもあった方がいいですし、人生変わる事だってありますから、良い人脈は作っておいた方が良いですね、

 

マレーシアでの都市開発関わっているという、GACKTさんですが、恐らくマンション等の不動産ビジネスをしていると思われます。

スポンサードリンク


 

GACKTの仮想通貨ビジネスはどうなった?

 

GACKTさんが広告塔を務めていたSPINDLE(スピンドル)別名GACKTコインとも呼ばれていたが、仮想通貨取引所に上場した直後に暴落した。

この暴落で損失を抱えた投資家も多くいるとの事。

しかし、GACKTさん本人は暴落前に売り抜けて7000万円程の利益を得たと報道されているが、その後このスピンドルについての報道はされていない。

 

私は投資の事はど素人なので良く分かりませんが、株やFXなど色々ありますが、最終的に投資して損したのは、投資した本人の責任だと思います。

GACKTさんが広告塔となって、かなりの資金調達をしたそうですが、GACKTが悪いとか言われていますが、悪い事をしているのなら、今頃逮捕されているのではないでしょうか?

GACKTが広告塔となって100億円近くの資金を調達したとの事。GACKTさんにも代理店収入とやらが入るそうで、記事によると数億から10億円の金額がGACKTさん本人の懐に入ったとされております。

 

凄い金額ですね・・・。

10億円って・・・。

 

仮想通貨スピンドルの暴落に関しては、投資した本人の責任もあるのではないでしょうか?

まあ、投資は自己責任ですね。

スポンサードリンク


GACKTのまとめ

 

本日はGACKTさんについて記事を更新しました。

日本を離れて、マレーシアに移住しているGACKTさんですが、マレーシアでの都市開発に関わったり、非常に行動力のある方だと思います。

今後の活躍にも注目したい所ですね!

とにかくマレーシアでどんなビジネスをしているのか、放送される番組がたのしみです!

こちらの記事も読まれています!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク