古沢徹監督(帝京長岡)の経歴や指導方法は?寮やグランドについても調査!

高校サッカー

帝京長岡高等学校サッカー部監督である古沢徹監督にスポットを当てて見たいと思いますが、どのような経歴なのか?どんな指導方法を行っているのか?非常に気になるところですね!選手時代の古沢徹監督はどんな選手だったのでしょう。それから帝京長岡高校サッカー部には寮やグランドについても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

古沢徹監督のプロフィール

 


名前:古沢徹 (ふるさわ とおる)

生年月日:1985年

出身地:新潟県

出身高校:帝京長岡高等学校

出身大学:帝京大学

 

2008年から帝京長岡高校サッカー部のコーチに就任。

2013年から帝京長岡高校サッカー部の監督に就任。

スポンサードリンク


 

古沢徹監督の指導方法について

 

古沢徹監督はJリーグのA級ライセンスの取得研修中にJリーグの関係者と話をする機会があり、高校3年間だけではなくて将来を見据えた指導を考えられる様になったそうだ。

高校を卒業し大学へ進学する選手もいれば、Jリーグへ進む選手もいるだろう。

次のステージでも通用する選手を育てられる、指導方法を目指している。

 

それから古沢徹監督は、上下関係の見直しをしたそうですが、1年生が3年生の雑用をさせるのではなく、3年生が自ら仕事をし、1年生が3年生の行動を見て習う事にしたそうです。

そうする事で、1年生も練習にしっかりと集中して参加できる環境ができたそうです。

 

やはり3年生が一番偉いという環境で、1年生が上級生の雑用をするのは、チームの成長には繋がらないのだろう。

上下関係は時には必要だが、3年生自らがグランド整備等を行う事で、下級生に示しが付くし、上級生を見習って行動する事が自然と出来るようになるのだろう。

スポンサードリンク


 

古沢徹監督の現役時代について

 

古沢徹監督は長岡帝京高校出身で帝京大学の出身である。

高校時代や大学時代はどんな選手だったのか調べて見たいと思う。

 

現役時代の古沢徹監督を調べて見ましたが、詳しい情報を見つける事ができませんでした。

今後何か情報がありましたら、このブログに追記していきたいと思います。

 

帝京長岡高校サッカー部の寮やグランドについて

 

帝京長岡高校サッカー部ですが、寮やグランドはどのような環境なんだろうか?

少し気になったので、こちらについても調べて見たいと思います。

 

帝京長岡高校サッカー部のグランドは人工芝のグランドを完備している。

校舎に併設されており、男子サッカー部と女子サッカー部も使用している。

 

 

流石私立高校ですね!

結構人工芝のグランドを使用している学校も増えてきましたね。

やはり、サッカー人気や普及もあり、将来を見据えて人工芝に変更する流れになっているのでしょう。

非常に恵まれた環境で練習ができるのは他校から見れば非常に羨ましいだろう。

 

しかし、新潟県ですから冬場の雪でグランドが使えない事も、かなりのハンディだと思いますが、それでも全国でも上位進出するのは凄い事です。

 

そして、帝京長岡高校サッカー部に寮はあるのか?

調べて見ましたが、女子サッカー部には寮があると明記されておりましたが、男子サッカー部については、寮について詳しく書かれていませんでした。

寮についてはもう少し調べておきます。

スポンサードリンク


 

古沢徹監督のまとめ

 

本日は帝京長岡高等学校サッカー部の古沢徹監督について記事を更新しました。

経歴や指導方法について調べて見ましたが、やはり全国大会に出場するだけの監督さんだけあって、色々な指導方法を行っていますね。

やはり昔と今とでは指導方法も180度変わってきていますし、生徒との接し方も昔とは全く違いますからね。

 

帝京長岡高等学校サッカー部が全国制覇する日も近いような気がします。

今後も古沢徹監督には注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク