船尾隆広監督(札幌大谷)の経歴や日本代表って?選手時代の甲子園出場経験は?

高校野球

船尾隆広監督は札幌大谷高校野球部の監督でありますが、どんな経歴の監督なんだろうか?妻や子供はいるのでしょうか?2018年の明治神宮大会では札幌大谷高校野球部を優勝に導いた監督で注目を集めている。2019年の選抜高校野球大会では優勝候補の一角となるでしょう。本日は札幌大谷高校野球部の船尾隆広監督について調べてみました。

スポンサードリンク






 

船尾隆広監督のプロフィール

 

 

名前:船尾隆広 (ふなお たかひろ)

生年月日:1971年5月31日生まれ

身長:173cm

体重:68㎏

出身地:北海道松前町

出身高校:函館大有斗高校

社会人:新日鉄室蘭

スポンサードリンク


 

船尾隆広監督の高校時代

 

船尾隆広監督は函館大有斗高校野球部の出身である。

函館大有斗高校時代には甲子園にも出場している。

 

1987年夏

1988年春

2季連続で甲子園出場をしております。

色々調べて見ると、1年生からレギュラーだったそうで、1,2年生の時に甲子園に出場したそうです。

ポジションは外野手だったそうです。

当時の映像や画像を探してみましたが、流石に昔すぎて見つける事が出来ませんでした。

しかし、1年生からレギュラーとして甲子園出場するという事は、やはり凄い選手だったんでしょうね。

高校を卒業してからは社会人野球へ進んだそうですが、どんな成績だったのかは次でご紹介します。

スポンサードリンク


 

船尾隆広監督は社会人時代に日本代表に選出

 

船尾隆広監督は函館大有斗高校を卒業後、旧新日鉄室蘭野球部で活躍していたところ休部となり1995年にNTT北海道に転籍した。

1994年から2003年の間には10年連続都市対抗野球本大会出場している。

10年連続で都市対抗大会に出場って凄いですよ!

 

そして、1997年にはインターコンチネンタル杯日本代表に選出されている。

日本代表はキューバを倒して世界一に輝いているんです!

この時のメンバーが凄いんですが、上原、二岡、高橋、阿部、川上、福留がメンバーだったそうです!

プロ野球選手の中でも、超一流選手と一緒にプレーしていた船尾隆広監督ですから、レベルの高い野球を経験してきたからこそ、高校野球の監督になり明治神宮大会で優勝という素晴らしい結果に繋がったんだと思います。

こんな素晴らしいメンバーの中でプレーしていた船尾隆広監督ですが、実際にプロのスカウトも視察していたそうです。

しかし、怪我の為にプロ入りは出来なかったそうです。

 

良い意味で捉えると、怪我が無かったら高校野球の監督をしていなかったかも知れませんし、札幌大谷高校野球部が甲子園に出場していなかったかも知れません。

人生って分かりませんね。

チョットした事で人生が変わりますし、人と人の繋がりでも人生が変わります。

勿論努力したら人生も変わりますし、その反対もある。

人それぞれ色々な人生があるなーと感じました。

 

明治神宮大会で優勝し、2019年の選抜高校野球大会ではどんな試合を見せてくれるのか、船尾隆広監督の采配にも注目しております。

スポンサードリンク


 

船尾隆広監督のまとめ

 

本日は札幌大谷高校野球部の船尾隆広監督について記事を更新しました。

札幌大谷高校野球部を初の甲子園出場に導いた船尾隆広監督ですが、どんな采配を甲子園球場で見せてくれるのか、非常に楽しみであります。

2018年の明治神宮大会でも優勝しておりますので、他のチームからも徹底的にマークされると思われます。

その状況でも勝ち進む為には船尾隆広監督の手腕が試されると思います。

明治神宮大会優勝に続き、春の選抜高校野球大会でも優勝する可能性も高いと思うので、選手の皆さんも頑張って欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク