藤原秀之監督(桐蔭学園)の経歴や指導方法とは?寮や進路についても!

高校ラグビー

神奈川の桐蔭学園高校ラグビー部監督の藤原秀之監督の経歴や指導方法について調べていきたいと思います。桐蔭学園と言えば高校ラグビーの名門高校であり、全国大会では常に上位進出している強豪校である。藤原秀之監督の練習方法などは一体どんな練習方法なんだろうか?そして桐蔭学園の寮やグランド、進路についても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

藤原秀之監督のプロフィール

 

 

名前:藤原秀之 (ふじわら ひでゆき)

生年月日:1968年1月10日生まれ

出身地:東京都

出身高校:大東大第一高等学校

出身大学:日本体育大学

職業:保健体育教員

 

大東大第一高校時代には、1985年の全国選手権大会で優勝経験がある。

1990年に桐蔭学園の保健体育教員になり、ラグビー部のコーチを務める。

2002年に桐蔭学園の監督に就任。

スポンサードリンク


 

藤原秀之監督の指導方法について

 

桐蔭学園は今では東の横綱と言われる存在になったのも、藤原秀之監督の指導方法が素晴らしいからだろう。

選抜大会では2017年、2018年、2019年と3年連続で優勝し、注目度も高い。

 

このような実績を残している桐蔭学園ですが、藤原秀之監督の指導方法や練習方法は一体どんな感じなんでしょう。

調べて見たいと思います。

 

調べて見たところ桐蔭学園は『エアラグビー』を練習に取り入れているそうだ。

どんな練習方法かは、名前の通りでボールを使用しない練習方法となる。

この練習方法では、コミュニケーションが必要で頭で考えなければならないそうです。

 

ボールが無い状況でのプレーですから、プレーしている選手は集中していなければ、動きがバラバラになってしまう。

チームとしてどのように動くのかは、チームが一体にならなければいけない。

ボールがある時よりも、ボールが無い状況でのプレーの方が難しいし、頭も倍以上使わなければならないので、個人個人が考えて行動するようになれるんでしょう。

 

エアラグビーが出来るようになるまでには、恐らく簡単にはいかないだろう。

日頃から考えて行動することによって、必然と周りを見れるようになると思います。

スポンサードリンク


 

桐蔭学園の寮やグランドについて

 

全国トップレベルの桐蔭学園ですが、寮やグランドも気になりますが、どのような環境で練習をおこなっているのでしょう?

気になるので調べて見たいと思います。

 

 

桐蔭学園のグランドですが、2018年に人工芝に新しくなったそうです。

やはり強豪校は環境も整っており、素晴らしい環境で練習ができる。

それもやはり、藤原秀之監督がこここまで築き上げてきた実績があるからでしょう。

 

それから桐蔭学園の寮についてですが、『あおば寮』があるそうです。

12名程が利用しているそうですが、恐らく通学に困難な生徒のみ、寮生活をしていて、自宅から通学できる選手は寮の利用はしていないと思われます。

 

寮もあり、グランドも人工芝という最高の環境でラグビーができるのは、幸せですね。

全員が寮生活だと思っておりましたので、チョット意外でした。

スポンサードリンク


 

桐蔭学園の進路について

 

それから、高校を卒業後の進路についても気になったので、調べてみました。

全国大会常連校ですので、選手の進路も強豪大学へ進学する選手も多いですね!

早稲田や慶應、帝京等へ進学するみたいですね。

 

先輩方が築いたパイプがあるんでしょう。

しかし、ある程度の勉強の成績は必要だと思いますが。

 

藤原秀之監督のまとめ

 

本日は桐蔭学園の藤原秀之監督について記事を更新しました。

全国大会でも上位常連校となった桐蔭学園高校ですが、やはり藤原秀之監督の日々の指導があり、そして選手が頑張ったからこそだと思います。

 

花園でも今後さらに活躍して、優勝回数も伸びていく学校だと思います。

どのような試合展開をしていくのか、今後の活躍にも期待ですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク