藤江星河(大阪桐蔭)の出身中学やボーイズは?U-15日本代表優勝の実績も

高校野球

大阪桐蔭のエースで注目の投手である藤江星河投手について調べて見たいと思います。名前の読み方も気になりますが、出身中学校や出身ボーイズはどこに所属していたのか等も気になる人も多いと思います。藤江星河投手の球速や球種、投球フォームも詳しく分析してみたいと思います。2020年選抜高校野球大会では注目のピッチャーとなりそうです!





スポンサードリンク


 

藤江星河投手のプロフィール

 


名前:藤江星河 (ふじえ せいが)

生年月日:2002年生まれ

出身地:長崎県諫早市

身長:177cm

体重:74㎏

投打:左投げ左打ち

出身中学校:諫早市立諫早中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

スポンサードリンク


 

藤江星河投手の中学時代

 

それでは藤江星河投手の中学校時代について調べて見たいと思います。

藤江星河投手は長崎県諫早市の出身で、中学校時代はボーイズリーグに所属しており、中学校の野球部には所属していません。

 

ボーイズリーグは諫早ボーイズに所属しており、中学時代のストレートは最速133キロを計測している。

高校3年生の時には全国大会にも出場しており、全国大会1回戦の浜松戦(静岡)では見事ノーヒットノーランを記録し、注目される投手となった。

 

全国大会という大舞台で結果を残せるのは、非常に頼もしい投手だと思います。

メンタル部分もかなり鍛えられている投手だと思いますね。

 

その後、2017年世界少年野球大会の日本代表にも選出され、世界一に輝いている。

 

 

このように世界大会にも出場しているので、多くの高校から声を掛けられたそうです。

恐らく九州地区の強豪校からも沢山のオファーがあったと思います。

左投手ですから、強豪校も喉から手が出る程欲しい選手だったのではないでしょうか?

 

大阪桐蔭高校へ進学を決めたのも、恐らく西谷浩一監督のスカウトもあったと思われます。

大阪桐蔭高校の西谷浩一監督は全国各地へ出向くそうですよ。

 

大阪桐蔭高校野球部へ進学を決めたのも、やはり甲子園出場する為に九州から大阪へ来たんでしょう。

優秀な選手が集まる大阪桐蔭高校野球部ですから、入学してからもレギュラー争いも激しいですが、それでも大阪桐蔭高校を選択したのも、自分に自信があっての事だろう。

強気な性格もエースになるには必要だ。

スポンサードリンク


 

藤江星河投手の球速や球種について

 

2020年選抜高校野球大会に出場する大阪桐蔭高校野球部ですが、久しぶりの甲子園出場のような気がします。

根尾昂選手らが春夏連覇した時が懐かしいです。

 

そんな大阪桐蔭高校のエースとして活躍が期待される藤江星河投手ですが、どんな投手なんでしょうか?

球速や球種、投球フォーム等を調べて行きたいと思います。

 

藤江星河投手の最速は141キロ。

個人的にはもう少し球速が欲しいところですが・・・。

動画を見てみると、意外にも打者の手元で伸びている印象です。

一冬越えて、さらにストレートのスピードが上がっている事を期待したいですね。

 

それから球種についてですが、ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップが武器である。

 

こちらが藤江星河投手のピッチングです。

ストレートと変化球どちらでもカウントを取る事ができる投手で、決め球は変化球が多い印象です。

緩急を付けたピッチングですから、ストレートは打者から見れば速く感じるので、手元で伸びてくると思われます。

 

藤江星河投手のコントロールも、大きく崩れる事もなさそうですので、2020年の選抜高校野球大会では、どんな投球をするのか非常に楽しみです!

スポンサードリンク


 

藤江星河投手のまとめ

 

本日は大阪桐蔭高校野球部の藤江星河投手について記事を更新しました。

ストレートはそこまで速くないですが、やはり変化球の切れとコントロールが武器のピッチャーですから、中々打者は打ち崩すのは難しいと思います。

 

2020年選抜高校野球大会へはほぼ当確しておりますので、出場は間違いないでしょうから、全国でどのくらい藤江星河投手のピッチングが通用するのか、非常に楽しみですね。

甲子園での活躍を期待しております!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク