東妻純平(智弁和歌山) 身長体重や兄もプロ野球選手!紀州ボーイズ時代の動画も紹介

高校野球

 

選抜高校野球に出場する智弁和歌山高校野球部の注目選手である、捕手・東妻純平選手について記事を更新したいと思います。2019年の選抜高校野球大会では東妻純平捕手に注目が集まっており、恐らくプロ野球のスカウトも甲子園球場に視察に訪れるでしょう。2019年のドラフト会議で指名されるかも知れません。本日は智弁和歌山高校野球部の東妻純平捕手について調べてみたいと思います。





スポンサードリンク


 

東妻純平のプロフィール

 

 

名前:東妻純平 (あずま じゅんぺい)

生年月日:2001年7月3日生まれ

出身地:和歌山県

身長:172cm

体重:74㎏

投打:右投げ右打ち

出身中学:和歌山市立紀伊中学校

出身ボーイズ:紀州ボーイズ

スポンサードリンク


 

東妻純平の紀州ボーイズ時代

 

東妻純平捕手は和歌山市立紀伊中学校の出身であるが、中学校の部活動では野球部に所属しておりません。

硬式野球のボーイズリーグ、紀州ボーイズに所属していました。

紀州ボーイズ時代には捕手ではなく、ショートを守っていたそうです。

智弁和歌山高校野球部に入ってから捕手へコンバートしたんですね。

ショートから捕手へ転向するって非常に珍しいと思いますが、智弁和歌山高校野球部前監督の高嶋仁監督が何かを感じたんでしょうね。

捕手へ転向し、1年生の秋からベンチ入りする程ですからかなり期待されていたと思います。

 

話が長くなりそうなので、紀州ボーイズ時代の東妻純平選手の動画を見てみたいと思います。

張り切って動画を見てみましょうと言いましたが、東妻純平選手の紀州ボーイズ時代の動画は見つける事が出来ませんでした。

しかし、画像が1枚ありましたので掲載しておきます。

 

 

流石に中学生なので顔が幼いですね。

体の線も少々細い感じがします。

スポンサードリンク


 

東妻純平はどんな捕手なのか?動画で検証

 

2019年選抜大会でも注目選手とされている東妻純平捕手ですが、どんな捕手なんでしょうか?

身長172cmで体重74㎏である東妻純平捕手は決して恵まれた体格では無いし、野球選手としては小柄な体形である。

逆に非常に小柄なキャッチャーと言った方が良いのかも知れません。

試合ではどんな送球をするのか、東妻純平捕手の肩の強さを動画で見てみたいと思います。

それではどんな送球をするのか動画で見てみましょう。

 

いやー、捕球してから投げる迄が非常に早いし、コントロールも抜群ですね!

やはり、中学時代にショートを守っていただけに送球に安定感があるし、コントロールも良い。

アノ送球を見せられたら、中々盗塁しづらいと思います。

 

東妻純平捕手は守備だけではなく、バッティングも凄いのですが、智弁和歌山高校野球部の4番を任されている。

 

早速ですが東妻純平捕手のバッティングを見てみよう!

 

逆転2ランホームランを放った打球は、打った瞬間ホームランと分かる打球でしたね。

チームの主砲として素晴らしいバッティングでした。

甲子園ではどんなバッティングを見せてくれるのか、非常に今から楽しみであります。

スポンサードリンク


 

東妻純平の兄はプロ野球選手の東妻勇輔投手

 

 

東妻純平捕手の兄は2018年のドラフト会議で千葉ロッテから2位で指名された、東妻勇輔投手である。

兄の身長も172cmと兄弟揃って同じ身長である。

兄の東妻勇輔投手は日本体育大学の出身であるが、高校は智弁和歌山高校で兄弟揃って同じ高校である。

智弁和歌山高校野球部時代には甲子園出場経験もある。

 

最速155キロの速球が武器である東妻勇輔投手ですが、兄弟揃ってプロに進む可能性も0では無いとおもいますし、兄弟バッテリーという夢の共演もあるかも知れません。

スポンサードリンク


 

東妻純平のまとめ

 

本日は智弁和歌山高校野球部の東妻純平捕手について記事を更新しました。

2019年の選抜高校野球大会に出場する東妻純平捕手。

甲子園では捕手として盗塁阻止を何回見せてくれるのでしょうか?

それからバッティング面でも、何本のホームランを打ってくれるのか?

非常に楽しみな選手です。

活躍を期待しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク