浅田将汰投手(有明)出身中学や中学時代の成績は?父親や母親も調査!

高校野球

熊本・有明高等学校野球部の浅田将汰投手ですが、惜しくも甲子園には出場できませんでしたが、U-18高校日本代表選手に選出されました!メンバーには甲子園で活躍した選手達がメインですが、そのメンバーらと日の丸を背負って戦います。気になる出身中学や中学時代の成績など、浅田将汰投手について色々調べてみたいと思います。





スポンサードリンク


 

浅田将汰投手のプロフィール

 

 

名前:浅田将汰 (あさだ そうた)

生年月日:2001年4月23日生まれ

出身地:福岡

身長:181cm

体重:84㎏

血液型:A型

投打:右投げ右打ち

出身中学:飯塚市立庄内中学校

出身高校:有明高等学校

出身ボーイズ:飯塚ボーイズ

 

浅田将汰投手は飯塚市立庄内小学校時代に庄内ジャガーズで野球を始めた。

小学6年生の時には投手として県大会優勝に貢献し、中学時代は飯塚ボーイズに所属し中学3年生の時には九州大会で優勝している。

九州ジャパンに選出され、韓国で行われた世界大会でベスト8に輝いている。

 

有明高校では1年生の夏からベンチ入りし、1年生の秋からエースとして活躍。

2年生の夏は県大会で8強に進出したが、同年の秋の大会は1回戦敗退した。

3年生最後の夏は熊本大会準決勝で熊本工業に0-2で敗れ甲子園出場は叶わなかった。

 

2019年韓国で行われるU-18ベースボールワールドカップのメンバーに選出された。

スポンサードリンク


 

浅田将汰投手の中学時代

 

2019年に行われるU-18ベースボールワールドカップのメンバーに選出された浅田将汰投手の中学時代はどんな選手だったのだろうか?

気になりますね!

浅田将汰投手は中学の軟式野球部には所属せず、飯塚ボーイズでプレーしていた。

 

中学3年生の時には九州大会で優勝し、九州ジャパンに選出され韓国で行われた世界大会ではベスト8に進出した。

 

中学時代の浅田将汰投手の動画を探してみましたが、見つける事ができませんでした。

中学時代は常総学院(茨城)飯塚(福岡)の誘いを断って、有明高校へ進学した。

打倒、秀岳館高校という熱い気持ちがあったようです。

それだけではなく、『無名校から甲子園に行こうと思った。』このような思いがあったそうです。

やはり、強豪校へ進学すれば甲子園に出場する確率も高いですが、あえて無名校から甲子園にチャレンジする精神は非常に素晴らしい事だと思います。

スポンサードリンク


 

浅田将汰投手の有明高校時代

 

有明高校時代の浅田将汰投手ですが、1年生の夏からベンチ入りしている。

背番号も9番を付けて出場。

投手としても注目されておりますが、バッティングも高校通算28本塁打を放つ選手で2刀流としても活躍が期待されている選手である。

 

こちらは浅田将汰投手の動画

 

3年生の夏、熊本大会では最速149キロを計測し速球が武器である。

変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール、フォークなど多彩。

 

高校3年間で甲子園出場経験はありませんが、プロも注目する選手でドラフト候補にも挙がっている選手である。

U-18高校日本代表にも選出さてており、今後も目が離せない投手である。

個人的にはバッティングにも注目したい選手ですね!

 

 
スポンサードリンク


 

浅田将汰投手まとめ

 

本日は熊本・有明高校野球部の浅田将汰投手について記事を更新しました。

甲子園では見ることができませんでしたが、U-18日本代表での投球やバッティングが見られそうなので、非常に楽しみにしております。

U-18での活躍次第では、更にプロの評価も上がる可能性がありますので、注目です!

 

それから浅田将汰投手のご両親については情報が無かったので、今後も調査していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!