浅田真央の母親の死亡理由は肝硬変だった。ホステス時代からの影響か?

フィギュアスケート

2010年バンクーバーオリンピックで、銀メダリストである浅田真央さんですが、浅田真央さんの母親は2011年12月9日に肝硬変で亡くなっている。どんな母親だったのか、気になるところですが調べてみたいと思います。そして浅田真央さんの母親は元ホステスだったと噂が出ているが本当なんだろうか?こちらの件に関しても調べてみたいと思います。





スポンサードリンク


 

浅田真央の母親の死因は肝硬変だった。

 

 

浅田真央さんの母親の名前は匡子(きょうこ)さんと言います。

匡子さんが亡くなったのは2011年12月9日に肝硬変で亡くなっている。

48歳という若さでなくなっているが、入退院を繰り返しており、調子が良くなると自宅療養で過ごしていた。

 

もう20年も前から闘病生活を送っていたといいますから、浅田真央さんと浅田舞をフィギュアスケートの選手に育てる為に、自身の体調不良もありながら、練習の送り迎え等も毎日していたそうです。

 

2011年に入り医師からは『肝臓移植』をしなければ、次のオリンピックまでは生きられないかも知れないと医師から宣告されたそうだ。

そんな中で、浅田真央さんや浅田舞さんもドナーとなる為に適合手術を受けて、姉の舞さんが最もドナーに適合した。

 

しかし、大事な娘の体にメスを入れることはできない。

匡子さんは、娘からの臓器移植を断ったそうです。

メスを入れた場合、選手生命が終わってしまうと判断したんでしょうね。

 

最終的にはリスクもある夫の浅田敏治さんから肝臓移植をしたが、術後の経過はあまり良く無かったそうで、肝臓移植では良い結果は出なかった。

 

匡子さんが肝硬変になったのも、昔働いていた職業の影響とも言われているが、本当なんだろうか?

スポンサードリンク


 

浅田真央の母親の職業とは?

 

浅田真央さんの母親である匡子さんですが、肝硬変で亡くなっておりますが、元々ホステスをしていたという噂も出ています。

本当にホステスだったんでしょうか?

 

匡子さんが12歳の頃に父親が亡くなってしまい、その後20歳の時には母親が亡くなり、お姉さんと二人だけとなってしまった。

結構波乱万丈な人生を歩んできたんですね。

 

当時は愛知県ではなく岐阜県で生活していたとの噂が出ていますが、あくまでも噂話であり、信憑性は低そうですね。

 

お金も無く生活する為にも、夜のお店で働くことになった。

ホステスとなり、生活費を稼ぐ為に必死だったそうです。

ホステスですから、毎晩お酒を飲んで接客しなければならないので、恐らくお酒の飲みすぎで『肝硬変』となってしまったんでしょうね。

 

夜の商売をしている時に夫と出会ったそうですね。

浅田真央さんの父親は名古屋のホストクラブのオーナーとの事。

ホストクラブのオーナーですから、お金には困らない生活が出来たんでしょう。

 

浅田真央さんが現役時代は、父親の詳細が明らかになっていなかったのは、浅田真央さんのイメージが崩れる為、父親がメディアに出るのを控えていたという噂もでていましたが、確かに夜の商売と聞くと、イメージ的には良くはないですね。

 

しかし、そもそもフィギュアスケートの選手になる為には、かなりのお金が必要となります。

コーチの指導料金や衣装代と遠征費等もかなり高額だと聞きます。

普通の一般サラリーマンの家庭では到底無理な習い事だと言われている。

 

現役のフィギュアスケートの選手の親の仕事も医者だとか会社社長などが多いのも分かりますね。

 

 

スポンサードリンク


 

浅田真央の母親の画像や動画

 

浅田真央さんの母親である匡子さんが生前テレビに出演していた時の動画があるのですが、非常に綺麗な方で、浅田真央さんの姉である浅田舞さんに似ているんですよね。

動画を見れば分かると思いますが、細くて美人な母親であります。

 

 

まだ匡子さんが元気な時は、二人の送り迎えをしており、毎日多忙だったとされております。

時には名古屋から横浜まで8時間かけて、練習の送り迎えをしていたと言われている。

 

動画でも匡子さんの肉声が残っているが、非常に優しいイメージを受けます。

親子喧嘩もしないようなイメージですが、実際にはどうだったのでしょうか?

 

 

やはり画像を見ても優しそうなお母さんって感じですね。

48歳という若さで亡くなったのは、非常に残念です。

スポンサードリンク


浅田真央のまとめ

 

本日は元フィギュアスケートの浅田真央さんについてブログを更新しました。

浅田真央さんの母親は肝硬変で亡くなってしまいましたが、非常に美人な方でしたね。

浅田真央さんよりも姉の浅田舞さんに似ているかな?

 

まあ、元ホステスだとか言われていますが、ホステスでも全く気になりませんし、生きる為には働かなければならないんですから、職業は何でも良いと思います。

 

48歳で肝硬変で亡くなった訳ですが、ホステス時代からのお酒が体に影響したのかなって思いますが、もう少し長生きして浅田真央さんがフィギュアスケートを引退するまでは見守って上げて欲しかったと思います。

 

華やかな浅田真央さんですが、裏では母親の死もあって、現役時代は大変だったと思います。

悲しい時でも笑顔を振舞いていたのは、流石だと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク