アントニオ猪木が難病で寿命は?現在の容態や車椅子は病気のせいだった?

プロレス

アントニオ猪木さんが難病を告白しましたが、私自身も初めて聞く病名でしたが、『心アミロイドーシス』とはどんな病気なんでしょうか?気になりますね。アントニオ猪木さんはもう77歳なんですねー。むかしとそんなに変わらないので年齢を聞いて意外に思いました。77歳で難病と闘うのも体力的にも結構キツイと思いますし、寿命も後何年生きられるのか気になるところですね。





スポンサードリンク


 

アントニオ猪木が難病を告白!

 

 

2019年の秋頃に少し耳が聞こえづらくなったそうで、病院で診療した際に、難病である『心アミロイドーシス』と診断されたそうです。

心臓にアミロイドという悪い『膜』ができていて、心臓の機能が落ちているそうで、全身に十分な血液が送られなくなるそうだ。

 

アントニオ猪木さんの年齢も77歳となり、体力的にも結構キツイ年齢となってきていると思うので、心配ですね。

 

しかし、難病という病気なので完全に完治する病気ではないと思います。

恐らく一生共に生きていかなければならないでしょう。

アントニオ猪木さんも話していますが、『薬代』も結構高額な値段で、まだまだ働かなければいけないと話しております。

 

『心アミロイドーシス』は指定難病ですので、薬代が高くても助成されるので、全額払わなくても良いと思います。

私も違う難病の病気を持っているので、上限2万円を超えた分は助成されます。

スポンサードリンク


 

アントニオ猪木の今後が心配

 

アントニオ猪木さんの難病である『心アミロイドーシス』をネットで調べてみると、以下の投稿がありました。

 

上記のように『心アミロイドーシス』は突然死するそうですね・・・。

最近では新型コロナウイルスもあるので、色々大変です。

 

アントニオ猪木さんも話していましたが、アントニオ猪木さんの家系も『心臓の病気』で亡くなっているそうです。

アントニオ猪木さんの父親も兄二人共心臓の病気で亡くなっているそうです。

 

やはり家系で遺伝等もあると思いますが、父親と兄弟全員が心臓の病気で亡くなっているとなると、アントニオ猪木さんも同じ病気で亡くなる可能性はありますよね。

何とか少しでも良くなれば良いですが、最近テレビで見て無いので、どこかで元気な姿を見せて欲しいですね!

スポンサードリンク


 

アントニオ猪木の車椅子は難病のせいだったのか?

 

以前、アントニオ猪木さんが車椅子に乗っている姿がありました。

こちらがその当時の様子です。

 

 

アントニオ猪木さんの車椅子姿ですが、本人は『腰を痛めている為』と話しているが、マスコミの間では、持病の『糖尿病』が悪化しているのではないか?

と噂されていたようです。

 

しかし、『腰の手術をして1週間も経っていない状態』だったと話している。

アントニオ猪木さんは身長も非常に高く、若い頃からプロレスラーとして激しく体を使ってきたので、かなりガタがきているんでしょうね。

 

若い頃のアントニオ猪木さんを見ていた方は、車椅子生活のアントニオ猪木さんは見たくないでしょうね。

スポンサードリンク


 

アントニオ猪木のまとめ

 

本日はアントニオ猪木さんの難病についてブログを更新しました。

現在77歳となったアントニオ猪木さんですから、体に色々ガタがきているんでしょう。

 

顔の雰囲気は変わっていないので、余計に心配ですね。

今回難病を告白し、心臓系の病気で今後の体調も心配されております。

何とか少しでも体調が良くなって、元気な姿を見せて欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク