秋本璃空(常総学院)の読み方は?出身中学やシニア時代の成績も気になる。

高校野球

常総学院高校野球部のエースである秋本璃空投手に注目しております!

秋本璃空投手とはどんな投手なのか、名前の読み方も気になる所ですが、中学校時代はどんな投手だったのかなど、調べてみたいと思います。

それから、プロ注目とのことですので、球種や最速スピードについても調べてみました。

スポンサードリンク


 

秋本璃空のプロフィール

 

 

名前:秋本璃空 (あきもと りく)

 

生年月日:2003年9月22日生まれ

 

出身地:埼玉県

 

身長:176㎝

 

体重:80㎏

 

出身中学校:三郷市立栄中学校

 

出身高校:常総学院高等学校

 

秋本璃空の読み方は?

 

秋本璃空投手の読み方についてですが、私も最初はなんて読むのか分かりませんでした。

調べてみると『あきもと りく』と読むそうです。

 

最近の高校球児は名前の読み方が難しいと感じるのは、私だけでしょうか?

これも時代の流れでしょうね・・・。

自分も歳を取ったということですね。(笑)

 

秋本璃空の中学時代について

 

秋本璃空投手の中学時代はどんな投手だったのだろうか?

秋本璃空投手は埼玉県にある三郷市立栄中学校の出身であるが、中学校の野球部には所属せずに、『江戸川中央シニア』に所属していました。

 

甲子園に出場してくる選手の中ではシニアリーグに所属していた選手やボーイズリーグに所属していた選手は非常に多いです。

やはり小学校や中学校から硬式野球を経験している選手の割合が多いのが現状ですね。

 

ちなみに私も小学校からボーイズリーグに所属していましたので、小・中・高と硬式野球をやっていました。

小学校から硬式野球のボールに慣れていましたので、高校へ進学してもボールは一緒ですから、すんなりと高校野球のスタートラインには立てました。

 

しかし、中学校と高校とでは打球のスピードが全然違いますので、そこは慣れが必要でしたね。

 

少し話が外れましたが、秋本璃空投手の中学校時代ですが、中学3年時には2度の全国大会出場経験があり、全国大会でもベスト4まで進出しております。

中学時代から全国の舞台を経験しているのはかなり強みですね!

 

恐らく全国の強豪私学から誘いがあったと思います。

埼玉県出身の秋本璃空投手ですが、地元の高校へは進学しなかったのは、やはり常総学院から声がかかったからなのかも知れませんね。

 

秋本璃空の高校時代について

 

中学を卒業後は地元埼玉県を離れて、茨城県にある常総学院高校へ進学したが、高校2年の秋からベンチ入りしている。

高校2年の秋からベンチ入りとのことですから、少し意外でしたね。

もう少し早くからベンチ入りしている感じかしましたが、やはり常総学院の層が厚いのもあるかも知れませんね。

 

高校2年生の秋からエースとなり、常総学院を牽引してきており、茨城県大会では準優勝し、関東大会でも惜しくも準優勝となった。

県大会と関東大会ではほぼ先発が多かった秋本璃空投手ですが、茨城県大会では参考記録ながら5回ノーヒットノーランを記録している。

 

現在のストレートの最速が145キロを計測しており、まだまだ伸びしろがある投手であり、2021年の選抜高校野球大会にも出場が決まっておりますので、甲子園では更にMAX更新の期待もかかる投手。

 

ストレートだけではなく変化球のスライダー等のキレもある投手ですので、打者もなかなか打ちづらいのでは無いでしょうか?

決め球であるチェンジアップが決まれば、中々点は取れないだろう。

 

人冬超えて甲子園のマウンドでの成長が楽しみな投手の一人でもありますし、2021年の選抜高校野球大会では好投手が多いですから、秋本璃空投手がビッグ4と言われる注目投手と同等の活躍も期待できそうですね。

 

秋本璃空のまとめ

 

本日は常総学院高校野球部のエースである秋本璃空投手について記事を更新しました。

秋本璃空投手は中学時代に全国大会ベスト4を経験しており、甲子園の大舞台でも好投する予感がしますね。

 

甲子園での投球次第では、上位進出も大いにあり得ますので、常総学院の20年振りの選抜高校野球大会優勝もあるかも知れませんね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク