赤崎暁(拓大)の出身高校や中学は?ベストタイム記録や進路について!

箱根駅伝

拓殖大学の注目ランナーである赤崎暁選手ですが、中学校時代や高校時代はどんな選手だったのでしょうか?大学4年生になり主将にも就任しチームを引っ張る赤崎暁選手。ベストタイムも気になる所ですし、大学1年生から箱根駅伝を経験しており、2020年の箱根駅伝を走れば、4年連続の出場となる。チームの信頼も厚い赤崎暁選手について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

赤崎暁のプロフィール

 

 

名前:赤崎暁 (あかさき あきら)

生年月日:1988年1月21日生まれ

出身地:熊本県大津町

身長:170cm

体重:49㎏

血液型:A型

出身小学校:大津町立大津小学校

出身中学校:大津町立大津中学校

出身高校:開新高等学校

出身大学:拓殖大学

スポンサードリンク


 

赤崎暁の中学時代について

 

それでは赤崎暁選手ですが熊本県の大津町立大津中学校の出身です。

中学校時代の赤崎暁選手はどんな選手だったのでしょうか?

調べて見たいと思います。

 

調べてみましたが、中学校時代の成績は残っていないようです。

恐らく大きな大会等には出場経験は無いと思われます。

全国都道府県対抗男子駅伝等にも出場しておりません。

 

赤崎暁選手は小学校からバレーボールを始め、大津中学校時代もバレーボール部に所属していた。

しかし、陸上部の顧問に声を掛けられて、バレーボールと陸上を両立するようになったそうです。

もともとバレーボールの選手だったんですね。

 

色々な選手を見ていますが、中学校時代は野球部やサッカー部に所属していて、陸上部に駆り出されるというパターンが結構多いです。

バレーボールも持久力が必要なスポーツですから、それなりに陸上もこなせると思います。

基本的に運動神経が良く無ければ、陸上も結果はでないと思う。

陸上部顧問の先生も赤崎暁選手のセンスを見抜いていたのかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

赤崎暁の高校時代について

 

 

中学を卒業後、赤崎暁選手は熊本県にある開新高等学校に進学しております。

開新高等学校は男女共学の私立高校である。

どんな高校時代だったのか調べて行きたいと思います。

 

先程も書きましたが中学時代までバレーボールをしていた赤崎暁選手ですが、中学での陸上を掛け持ちしていた時に、『箱根駅伝』に興味をもったそうです。

開新高校に入学してからは本格的に陸上に取り組んだそうです。

 

高校3年生の時にはインターハイ南九州大会の5000mに出場したが9位入賞止まりで会った。

しかし、2016年の全国都道府県対抗男子駅伝大会に出場し4区を走り区間10位の記録を残している。

 

しかし、高校時代は怪我にも悩まされ、思うようなレースができず、大学で陸上競技を続けるつもりは無かったそうです。

 

やはりスポーツに怪我は付き物ですが、自分が気を付けていても、怪我をしてしまいますからね。

そういったところもスポーツの難しいところでもあります。

しかし、高校3年生の時に同じ熊本県出身の岡田前監督が率いる拓殖大学に惹かれて、大学でも陸上を続ける事を決意したそうです。

スポンサードリンク


 

赤崎暁のベストタイムについて

 

それでは、赤崎暁選手のベストタイム等の記録について調べて見たいと思います。

 

2016年全日本大学駅伝   5区 区間11位

2017年箱根駅伝     10区 区間12位

2018年箱根駅伝      3区 区間10位

2018年出雲駅伝      6区 区間9位

2019年箱根駅伝      1区 区間18位

2019年出雲駅伝      1区 区間3位

2019年全日本大学駅伝   3区 区間3位

 

上記は駅伝の実績です。

大学4年生になってから、駅伝の記録も伸びてきているのが明らかであり、大学生活最後の箱根駅伝ではどの区間を走るのか非常に気になる所です。

やはり往路を走る可能性が高いのか?予想だと3区が濃厚との噂も出ていますね。

箱根駅伝当日が楽しみですね。

 

5000m    14分11秒62

10000m   28分27秒90

ハーフ      1時間01分46秒

 

上記は個人成績です。

ハーフマラソンの記録は、他の強豪選手に引けを取らない記録ですし、大学トップレベルの記録です。

やはり、大学生活残り少ない時間で最後の力を出し切って欲しいですね!

スポンサードリンク


 

赤崎暁のまとめ

 

本日は拓殖大学の注目ランナー赤崎暁選手について記事を更新しました。

大学生活全てにおいて箱根駅伝を走っている選手ですので、2020年の箱根駅伝でも活躍してくれると思われます。

箱根駅伝の最高区間記録が10位の赤崎暁選手ですから、目指すは1桁代の順位ですね!

しかし、調子が上がってきていますので、区間賞もあるかも知れませんよ!

2020年箱根駅伝が楽しみです!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので是非お読み下さい!





スポンサードリンク