愛知県高校野球2022年優勝予想!ベスト8やダークホースとなるのは?

高校野球

高校野球のシーズンがやって参りましたね!

甲子園の戦いも見応え十分ですが、地方大会も同等に非常に面白い。

そんな高校野球ですが、今回は愛知県高校野球2022年の夏、どこの高校が優勝するのか予想してみたいと思います。

そして、ベスト8に残る高校とダークホース的な存在についても予想してみたいと思います。

愛知県の高校野球も近年は私学四強である享栄高校が力を付けてきており、頂点に立つ力はあると思います。

どこの高校が優勝するのか予想してみたいと思います。

 

愛知県高校野球2022年夏の展望

 

それでは、愛知県高校野球2022年の夏の大会で優勝する高校はどこなんだろうか?

愛知県も強豪校が多い激戦区となっており、優勝予想も毎年難しいのであるが、やはり私学四強は軸になると予想します。

 

私学四強以外の強豪私学も力はありますが、試合となると私学四強の試合運びの旨さで、中々壁を打ち破れない試合が多いです。

 

そんな愛知県の高校野球事情ですが、春の大会は夏の大会の前哨戦とも言われており、優勝校と準優勝校が夏の大会の軸となっていくだろうという予想です。

2022年の春の大会の成績について見てみたいと思います。

 

優勝校:東邦高校

準優勝校:愛工大名電高校

 

上記2校が愛知県大会の決勝まで勝ち進んだ。

東海大会に出場した両校は、惜しくも1回戦敗退となっている。

もう少し活躍を期待していたが、残念な結果となった。

 

ただ毎年言われているのは、春の大会はどこのチームも手の内を見せないで戦うと言われているのである。

春の大会を制したチームが夏の頂点に立つのは難しいとも言われている。

 

ですから、春の大会の成績が全てでは無いし、ある程度の参考といったところですね。

夏の大会と春の大会とでは、気持ちの入り方にも違いがありますし、気温の上昇やコンディションにも差があるので、やはり夏の大会とは別格として考えるのが妥当だと思います。

 

春の大会とは別にそれ以前に行われた秋季大会も参考にするところはありますね。

秋季大会は春の選抜に直結する試合ですから、それなりにどこのチームも力は入れてくるたいかいであります。

 

ちなみに秋季大会の結果は以下の通り。

優勝:享栄高校

準優勝:至学館高校

3位:中部大春日丘高校

4位:星城高校

 

上位3校が東海大会へ出場しましたが、惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。

上記3校も非常に力のあるチームですから、夏の大会では目が離せないチームです。

 

そして上記4校は2022年6月に行われた、第8回招待試合に出場しており、今回は奈良県から天理高校を招待して招待試合を行った。

 

中部大春日丘4ー8天理

至学館5−4天理

享栄0−1天理

星城0−2天理

 

キャンプで人生の成長を – Just another WordPress site

 

天理高校野球部は皆さんご存知の通りの全国屈指の強豪校でもあり、2022年3月の選抜高校野球大会にも出場した強豪高校である。

奈良県といえば、智弁学園と天理が甲子園に出場しているイメージが強いですね。

 

上記の試合結果を見ると、ほぼ互角な戦いを見せたという印象ですが、接戦でも勝ち切れるところが、やはり強いチームといったところでしょう。

 

天理との試合ですが、東邦や愛工大名電の試合も見たかったですが、今回は実現しておりません。

もし、試合をしていたらどのような展開となっていたかも、気になるところですね。

 

愛知県高校野球2022年夏のベスト8予想

 

愛知県高校野球2022年夏の大会ですが、ベスト8を勝手に予想してみました。

愛知県の夏の大会はシード制をとっておりますので、1回戦から強豪校同志の激突は回避されております。

 

しかし、春の県大会で強豪校が早めに敗れてしまうと、夏のシード漏れとなり、くじ運次第では強豪校同士の激突となってしまいます。

 

ちなみにシード校は春の県大会でベスト8に入ればシード権を獲得でき、夏の大会は3回戦からの出場となります。

3回戦からの登場となるのだが、1回戦から勝ち上がった学校も勢いがあり、シード校が初戦で敗れるといった番狂わせも起きるのが、愛知大会の見所でもあります。

 

2022年夏の大会の組み合わせを見ると、AゾーンからHゾーンの8グループに分かれており、ゾーンの頂点に立つとベスト8ととなる。

 

どの高校がベスト8に進出するのか、勝手に予想してみました。

Aゾーン:誉

Bゾーン:東邦 (シード)

Cゾーン:豊川 (シード)

Dゾーン:中部大春日丘

Eゾーン:至学館

Fゾーン:愛工大名電 (シード)

Gゾーン:時習館

Hゾーン:享栄 (シード)

 

上記のようにベスト8を予想してみました。

私学四強の3校は硬いイメージですが、中京大中京は今年はベスト8まで勝ち上がらないのではないかと予想しております。

 

8校あるシード校の内、半分は途中で敗れる波乱もあるような予感です。

あくまでも予想ですから、今後の結果が楽しみであります。

 

愛知県高校野球2022年夏の優勝校予想!

 

ベスト8の予想は上記でしてみましたが、愛知大会の頂点に立つのはどこのチームなのか、非常に難しいところですが、2022年の夏の優勝校はズバリ!

『享栄』が愛知大会の頂点に立つのではないかと予想しております。

 

享栄高校は大藤監督になってから、復活の兆しが見えてきており、近年の戦いぶりは、甲子園に最も近いのではないかと予想しております。

大藤監督がどのような采配を見せるのか、2022年の愛知大会に注目です!

 

愛知県高校野球2022年夏のまとめ

 

本日は愛知県高校野球2022年夏の優勝校の予想をしてみました。

甲子園から遠ざかっている享栄高校を優勝校として予想しました。

 

ベスト8に残るチームも力がある学校ばかりですので、勢いで頂点に上り詰める可能性もありますので、どの高校が頂点に立つのか、今後の戦いに注目ですね!

個人的には中部大春日丘に甲子園に行って欲しいです!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました!

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!